Tポイント二重取りを極める

Tポイント二重取りを極める

Tポイントを効率的に貯める上で欠かせないのが、Tポイントの二重取りです。一重取り(?)しかしていない人はもったいないですよ。

Tポイントの二重取りには大きく分けて2種類の方法があります。

  • 「Tカード提示+Edy支払い」
  • 「Tカード提示+クレジットカード払い」

の2つの方法です。

Tカード提示+Edy支払い

「Tカード提示+Edy支払い」は、Tカード保有者で、おサイフケータイにEdyアプリをインストールしている人が使える方法です。

ファミリーマートで、Tカードを提示した後、電子マネーEdyで支払いを行ってください。

100円で1Pの提示ポイントと、200円で1Pの「Edyでポイント」(※)の両方を獲得できます。ファミリーマートではレシートポイントも付くのでポイント三重取りになりますね。

(※)「Edyでポイント」で獲得できるポイントは、Tポイント、楽天スーパーポイント、ANAマイル、ヤマダポイント、ヨドバシゴールドポイント、ベルメゾン・ポイント、auポイント、Pontaポイント、プレミアムドライバーズカードショッピングポイントの9つポイントの中からお好きなものを選択できます。

この方法のメリットは、「Edyチャージでポイントが貯まるクレジットカード」を利用することで、さらに上級の「ポイント三重取り」も可能なことです(ファミリーマートではレシートポイントも加算されてポイント四重取りも可能)。

Tカード提示+クレジットカード支払い

「Tカード提示+クレジットカード支払い」は、Tカード保有者で、クレジットカード保有者が使える二重取りの方法です。

例えば、焼肉店の「牛角」で、Tカードを提示した後、クレジットカードで支払いを行ってください。TSUTAYA Wカード(0.5%のTポイント還元)でもいいし、ファミマTカード(0.5%のTポイント還元)でもいいし、他のカードでも構いません。なるべく還元率の高いカードで払いましょう。よりお得になります。

100円で1Pの提示ポイントと、各クレジットカード会社のポイントの二重取りができます。

おすすめクレジットカードは年会費無料の楽天カードです。利用金額の1%分の楽天スーパーポイントを獲得できます。

Tポイントと楽天スーパーポイントは相互に交換が可能ですので、1.0%分のTポイントが付くのと同じです。提示ポイントと合わせれば、2%分のTポイントが貯まることになります。

(例)牛角で3000円の支払いをした場合:

30Tポイント(提示ポイント)+30楽天スーパーポイント⇒60楽天スーパーポイント

30Tポイント(提示ポイント)+30楽天スーパーポイント⇒60Tポイント

⇒年会費無料で還元率の高い楽天カード