NTTグループカードの記事一覧

TBS「がっちりアカデミー!!」で紹介されたTポイント三重取り

TBSの「がっちりアカデミー!!」を見てたら、「Tポイント二重取り」「Tポイント三重取り」なんていう話題が出てきてビックリしてしまいました。ポイントマニアしか知らない言葉かと思っていたのに、ゴールデンタイムにテレビで話題にされるとは。。。

「がっちりアカデミー!!」では、特定社会保険労務士・白土浩由さんが、ゆうこりんこと小倉優子さんにTポイント獲得術を伝授していました。

ポイントは以下の三つ。

(1)ファミマTカードを使ったファミリーマートでのボーナスポイント獲得

年会費無料のファミマTカードを作れば、ファミリーマートでボーナスポイントを獲得できます。

番組では紹介されていませんでしたが、ファミマTカードを使うと、公共料金のみならず、国民年金保険料や各種税金の支払いもできます。公共料金、国民年金保険料、各種税金の支払いでTポイントを貯められると言うことです。

年会費無料ですのでもっておいて損はない一枚です。

ファミマTカード画像

(2)ファミリーマートでのTポイント三重取り

Tポイント三重取りをするには、おサイフケータイ対応の携帯電話を持っていることが条件となります。

Tカード提示ポイント(100円で1ポイント)+ファミリーマートの会計ごとに貰えるレシートポイント(1ポイント)+おサイフケータイのEdyアプリの「Edyでポイント」(200円で1ポイント)の三つでポイント三重取りです。

さらに高度なポイント四重取りを目指したい方は、Edyチャージでポイントを獲得できるカードを取得して下さい(JCBカード、三井住友VISAカード、MUFGカード、セゾンカード、ダイナースクラブカード、楽天カードはNGです)。年会費無料のNTTグループカードライフカードが最適です。シティ ゴールドカードもチャージポイントありです。

(3)Tポイント非加盟店でのTポイント獲得法(=おサイフケータイの「Edyでポイント」)

おサイフケータイのEdyアプリの「Edyでポイント」を使うことで、Tポイント非加盟店でもTポイントを貯めることができます。

タグ

スリーエフでのTポイント加算率が半減

5月1日より、スリーエフでのTポイント加算の仕組みが変わりました。

4月30日までは、利用金額100円につきTポイントが1ポイント貯まっていましたが、5月1日から、利用金額200円につき1ポイント貯まるようになりました。

ポイント加算率が半減してしまいましたね。。。

その代わり、商品によってはボーナスポイントが付くようになるようです。

例えば、現在、「パナソニック充電式エボルタeセット」(980円)には、300ポイントのボーナスTポイントが付くようです。


スリーエフで電子マネーを使うときの注意点として、支払い方法を電子マネーにするとTポイントが付かないと言うことがあります。

スリーエフでは電子マネーEdy、Suica(首都圏のみ)、iD(首都圏のみ)が使えますが、Tポイントカードを提示して、支払いは電子マネーで、という方法は使えません。

ボーナスポイントが付く商品を買うときは、Tカード(ファミマTカードTSUTAYA Wカード)を提示して、通常商品を購入するときはNTTグループカードシティ ゴールドカードなどでチャージしたEdyで支払って二重取り(クレジットカードポイント+Edyでポイント)するのが最適解でしょうか。

タグ